始めて喪主をするあなたが知っておきたい事

初めて喪主を受ける方へ

 

医師から危篤を告げられた時、身内としてはお葬式なんて
考えたくもない事だと思います。しかし、その方の死を偲ぶ
という事は、その方の生きてきた軌跡であり、関わりのある方
達との大切な別れの瞬間でもあるのです。「喪主」になる方
からすると、故人の死を悲しむ暇も無い辛い仕事ではありますが
その方にしか出来ない故人に最後に出来るご奉仕として、気を
強く持ち全うしなければいけません。これから記述する事は
大切なお身内に「危篤」が告げられた時から、お葬式を行う
までの一連の流れをまとめてみました。

 

「危篤」を告げられた時の対応

 

医師から「危篤」を告げられたという事は、死が迫った状態で
あるという事です。近くに住まう方達はすぐに駆け付けられる
と思いますが、遠方に住まう家族には、時間が必要となります。
まずは、

 

「遠方に住まう家族」の方に連絡を取りましょう。

 

家族に連絡を取った後は、親族にそれぞれ連絡を取り、場合に
よっては

 

「お身内同然にお付き合いのあった方」で生きている内に会わせて
あげたい方などにも連絡が必要です。

 

順番的には、遠方に住まう家族はもちろん

 

危篤を告げられた本人が息を引き取る前に会いたいであろう

 

と思われる人物を中心に連絡をとるのが故人にとって悔いの無い
別れにつながります。

 

伝えたい事を確実に伝える

 

身内の危篤ですから、連絡をする本人も動揺している事が多いと
思われます。そんなときは、気を落ち着かせ、伝えたい事柄を
以下の様にメモまとめ、正確に伝えましょう。

 

現在の場所       病院や自宅など危篤の方が現在いらっしゃる場所

 

連絡先         連絡の取れる携帯や電話番号、住所など

 

来てほしいタイミング  付き添い等で病室を空ける事もあると思うので、
            行き違いにならない時間帯等。 

 

  ※いつ亡くなるかわからない様な差し迫った状態の場合は、
   危篤の状態を電話で伝えた後、メールなどで連絡先等は
   伝えると確実です。また、親族などの対応で手が離せない
   状態の場合は、連絡は他の方にまかせても大丈夫です。

 

葬儀を仕切る「喪主」の役目は誰が?

 

喪主とは、遺族の代表で葬儀を執り行い、弔問を受ける人の事です。
喪主が誰になるかは、法律で決まっているわけでは無いので、誰が
受けてもかまいません。昔は、「家督を継ぐ人」=お墓を守る人が喪主
となるのが当たり前でした。そのため、父親が亡くなると、その配偶者
が行うのではなく、長男が喪主を務める事が一般的でした。しかし、
現代では、故人にとって一番身近で寄り添った配偶者や、同居してお世話
した子供や孫など、故人と「最も縁が深かった人」が喪主を務めるのが
自然な流れとして受け止められる様になっています。

 

共同で喪主を務める事も

 

喪主は一人で無くてはいけないという決まりもありません。
親が亡くなった場合、兄弟、姉妹全員で喪主を務めたり、
故人の子供がまだ幼い場合に、配偶者と子供が喪主を務め
たりというのもよく耳にします。また、両親がそろって亡く
なってしまい、子供がまだ小さいという場合も、子供を喪主
にして、親戚の叔父などが「施主」(せっしゅ)となって
サポートする事もあります。
また、子供が先に亡くなった場合、かつては「逆縁」といって
親は喪主にならない習慣がありましたが、現代では親が喪主を
務めるのが一般的になっています。
いずれにせよ、故人の強い「希望」が無いのであれば、家族
や親族間で話し合い代表者を決めるのが一般的です。家族の
状況によって考え方は様々ですが、その故人にとって誰が
喪主を務めるのが適切であるかを、話し合って決めるのが
ベストでしょう。