喪服を着用する時のマナー

服装は和装、洋装どちらでもOK

 

一昔前までは、お通夜の時から喪服を着ると

 

「不幸を予測していたのでは?」

 

と思われかねないので、遺族でも通夜は黒で地味な洋装にし、
葬儀、告別式に正式な喪服を着ていました。
現代では参列者も喪服で訪れる様になってからは、遺族も通
夜から告別式まで、喪服を着用する方も増えてきているようです。

 

喪服には、和装、洋装があり、仏式では和装が正式ですが、近
年では洋装の喪服が一般的になってきているようです。

 

喪服を持っていないという場合は、葬儀社でレンタルも手配してく
れますので相談してみてください。その場合は、参列する親族にも
確認を取り、必要であれば一緒に手配してもらいましょう。

 

和装をレンタルする場合は、腰紐、帯枕、肌襦袢、帯板、足袋、ハ
ンドバック等、小物類も多いので、それらもレンタル可能か確認を忘
れずに。

 

高校生以下の学生が参列する場合は、黒やグレーなどの地味目の学生
服や地味な色味の洋服が基本です。

 

 

和装の場合

 

 

男性  黒無地、五つ紋付きの着物、羽織、仙台平のはかま、角帯、
    城足袋、黒草履

 

女性  五つ紋付きの黒無地の着物、黒帯、長襦袢、半襟、白足袋

 

 

洋装の場合

 

 

男性  黒のフォーマルスーツ(シングル・ダブルどしらでもOK)
    白のシャツ、黒無地のネクタイ、腕時計(シルバー系)
    カフスボタンは黒曜石など

 

女性  黒のフォーマルスーツで光沢の無い無地、真珠のネックレス
    化粧はナチュラルに

 

関連ページ

臨終後の対応から葬儀までの流れ
戒名のつけかたと葬儀の日程の決め方
戒名ってどうやってつけてもらうの?いつのタイミングで?葬儀の日程っていったいいつにするべきなの?そのような疑問にお答えします。
故人の意思にそった葬儀をイメージする
故人の意思にそった葬儀を行うために、生前の故人の趣味やサークル活動などを参考にしながら、具体的な予算、プランなどを葬儀社と相談しながら決めていく事になります。葬儀の一連の流れから、必要に
遺影選びのポイント
祭壇選びが終わった後は、次は遺影選び。遺影は故人の生前を懐かしんでもらうための大切の物。今回は遺影を選ぶコツと、葬儀社で対応してもらえる豆知識をお届けします。
心に残る会葬礼状と返礼品
式場、祭壇、遺影が決まれば、次は会場礼状や香典返しについて。一般的なものから近年の形までをまとめてみました。
葬儀にかかる諸経費
葬儀自体にかかる費用に加えて、別にも細かい諸経費がかかります。その中に、運転手への心付けや、食事代などもあります。今回はこれらについてまとめてみました。
死亡通知の出し方とタイミング
故人の死を知らせる死亡通知を出すタイミングと、マナーとは?葬儀の形によって項目を分けてまとめてみました。
通夜の前の最後の儀式「湯灌」「納棺の儀」とは?
通夜を迎える前の最後の儀式「湯灌と納棺の儀。残された家族が故人の死を受け入れる為の大切なプロセスになります。
喪主が知っておきたいQ&A
今回は、喪主に関する事で疑問に思う事をQ&A方式でまとめてみました。よくある疑問から、現代にそった悩みまでをまとめています。