臨終後の対応から葬儀までの流れ

臨終後の対応から葬儀までの流れ

 

@病院で亡くなった場合

 

今の時代、ほとんどのケースで病院で亡くなることが
多いと思います。息を引き取る瞬間に立ち会う事は、
親族にとってはこの上ない辛い瞬間です。しかし、現
実は悲しみにひたる間もなく、すぐに看護師さんによる
清拭や遺体処置が行われます。点滴や呼吸器をは
ずし、鼻や口に綿を詰め、死に化粧をするなど、約1
時間ぐらいをかけて故人を綺麗にしてくれます。

 

死亡を確認すると、医師から死亡診断書が渡されます。
故人の名前、住所、生年月日など間違った記述が無い
か確認し、訂正があればその場ですぐ伝える様にしましょう。

 

その後、病院側から「葬儀場へ連絡を」と言われますので、
葬儀社が決まっていればそこへ連絡を。
決まっていない場合は病院から紹介された葬儀社や一覧表に
ある葬儀社にお願いする事となります。

 

病院側からの「葬儀社へ連絡を」とは、

 

「病院から安置所へ移動を」との事なので、 

 

葬儀社が決まっていない場合はひとまず、病院から紹介された
葬儀社に、「ご遺体の安置所への移動」のみを頼む事も出来ます。

 

葬儀すべてをお願いする必要は無いので大丈夫です。

 

病院から家、葬儀場などの安置所に移動には、連絡してから1〜2時間
ぐらいで来てくれますので、家族1〜2名同乗で移動する事になります。
安置所についた後は家族でどこの葬儀場にするか話し合い、連絡する事
になります。

 

A自宅で亡くなった場合

 

自宅で故人を看取った場合は、かかりつけの医師か病院に連絡
して、

 

すぐに自宅に医師を呼び、死亡確認の後、死亡診断書を
発行してもらいます。

 

一方、昨日まで元気で朝起きたら布団の中で息を引き取っていた場合や、
自死など、

 

予測出来ない形で亡くなった場合は、

 

そのまますぐに警察へ連絡をします。
警察は現場の様子を確認後、警察の霊安所に搬送し、監察医により、
事件性があるかないかの判断、死因の特定をし「死体検案書」を発行
してくれます。そこから安置所へ移送してもらう事になります。

 

自宅に遺体を安置する場合

 

式場に遺体を安置する場合は、葬儀社が用意してくれますが、自宅
に遺体を安置する場合は次の事に気をつけます。

 

@安置する場所の確保と清掃

 

弔問客が訪れる可能性がある場合は、人の出入りが出来る安置所を
確保しましょう。さっと掃除機をかけるなど簡単な掃除をしてから
安置します。

 

A布団、枕を用意する

 

故人が使っていた布団と枕を用意し、故人を安置する場所に敷きます。
遺体を保存するため、ドライアイスを置き、冷気が逃げない様に布団は
厚めの物が適当です。仏式ですと、北枕に寝かせるといいますが、あま
りこどわえう必要はありません。

 

B部屋の温度は低めにセットする

 

ご遺体の腐敗を防ぐため、布団の中にドライアイスを入れますが、エアコン等で
なるべく部屋の温度は低めに保ち、日差しは避けるようにしましょう。

 

C枕元に小さな祭壇を作る

 

ご遺体の枕元に小さな祭壇を設置しますが、葬儀社が用意してくれ、セッティング
してくれます。

 

D枕飾りを作る

 

仏式の場合、次のものを用意する必要があります。

 

・香炉、線香、燭台、ろうそく、鈴、枕だんご、水、一膳飯、枕花を用意します。
枕だんごや一膳飯、鈴は習慣や宗派によって異なり、不要な場合もあるので、ご年配
の親族さんに尋ねてみましょう。

 

E守り刀を用意する

 

浄土真宗以外の宗派では魔除けの意味で刃先を足の方に向け布団の上に刃物を置きます。

 

F神棚封じをする

 

これも昔の風習で、死の穢れが神棚に入り込むのを防ぐ為、白い半紙で神棚の正面を隠します。
四十九日を過ぎたら半紙をはがします。仏壇の扉は閉めず、いつもと同じ様にお参りしてください。

 

 

 

関連ページ

戒名のつけかたと葬儀の日程の決め方
戒名ってどうやってつけてもらうの?いつのタイミングで?葬儀の日程っていったいいつにするべきなの?そのような疑問にお答えします。
故人の意思にそった葬儀をイメージする
故人の意思にそった葬儀を行うために、生前の故人の趣味やサークル活動などを参考にしながら、具体的な予算、プランなどを葬儀社と相談しながら決めていく事になります。葬儀の一連の流れから、必要に
遺影選びのポイント
祭壇選びが終わった後は、次は遺影選び。遺影は故人の生前を懐かしんでもらうための大切の物。今回は遺影を選ぶコツと、葬儀社で対応してもらえる豆知識をお届けします。
心に残る会葬礼状と返礼品
式場、祭壇、遺影が決まれば、次は会場礼状や香典返しについて。一般的なものから近年の形までをまとめてみました。
葬儀にかかる諸経費
葬儀自体にかかる費用に加えて、別にも細かい諸経費がかかります。その中に、運転手への心付けや、食事代などもあります。今回はこれらについてまとめてみました。
死亡通知の出し方とタイミング
故人の死を知らせる死亡通知を出すタイミングと、マナーとは?葬儀の形によって項目を分けてまとめてみました。
通夜の前の最後の儀式「湯灌」「納棺の儀」とは?
通夜を迎える前の最後の儀式「湯灌と納棺の儀。残された家族が故人の死を受け入れる為の大切なプロセスになります。
喪服を着用する時のマナー
次は喪服についての常識編。和装・洋装それぞれのマナーの常識から、着るタイミングまでもまとめてみました。
喪主が知っておきたいQ&A
今回は、喪主に関する事で疑問に思う事をQ&A方式でまとめてみました。よくある疑問から、現代にそった悩みまでをまとめています。