故人を投影する遺影の選び方

故人を投影する遺影の選び方

 

@故人の面影を伝えられる写真を3枚選ぶ

 

良い祭壇を選び終えたら、次は遺影選びです。遺影は参列して

 

下さった方々に、生前の故人らしいイメージを残してもらうためには

 

非常に重要な物の1つになります。故人が気に入っていた写真が

 

ある場合は、それを使うのがいいのですが、特に無い場合は

 

「この顔こそ故人にふさわしい」

 

という写真を家族と相談して最低3枚ぐらいは用意しましょう。

 

遺影の写真は、小さい写真から拡大するので、ぼやけて見える

 

事が多いので、三枚ぐらいは必ず用意して葬儀社に預け、最も

 

生前の姿が投影された、故人らしい写真を選びましょう。残り

 

の写真も、受付や会場に飾ってもらうと、参列者の方々に懐かし

 

んでもらえると思います。

 

A亡くなられた年齢にこだわらず選んでOK

 

遺影に使う写真は、亡くなる直前の物でと思う方も多いかもしれ

 

ませんが、亡くなる直前の物でないといけないという決まりなど

 

ありません。故人の面影が感じられる生き生きした頃の写真の方

 

が、参列者の方々にも、より鮮明に故人のイメージを残す事が出来

 

るので、年齢にはこだわらず、この写真がという物を探しましょう。

 

また、表情は良いんだけど、服装や背景がいまいちという場合は

 

修正なども出来ますので、葬儀社に相談しましょう。写真は、ネガ

 

やデジタルでなければ、プリントした物で大丈夫です。

 

B生前の回想が出来る葬儀にしましょう

 

祭壇で大きく飾る写真も1枚でないといけないという事もありません。

 

学生時代、新入社員、結婚当初、定年後の写真など、何枚か並べて、

 

故人の生前を懐かしんでもらうのも1つの方法です。遺影の飾り方

 

で希望がある場合は遠慮せずに葬儀社相談しましょう。

関連ページ

臨終後の対応から葬儀までの流れ
戒名のつけかたと葬儀の日程の決め方
戒名ってどうやってつけてもらうの?いつのタイミングで?葬儀の日程っていったいいつにするべきなの?そのような疑問にお答えします。
故人の意思にそった葬儀をイメージする
故人の意思にそった葬儀を行うために、生前の故人の趣味やサークル活動などを参考にしながら、具体的な予算、プランなどを葬儀社と相談しながら決めていく事になります。葬儀の一連の流れから、必要に
心に残る会葬礼状と返礼品
式場、祭壇、遺影が決まれば、次は会場礼状や香典返しについて。一般的なものから近年の形までをまとめてみました。
葬儀にかかる諸経費
葬儀自体にかかる費用に加えて、別にも細かい諸経費がかかります。その中に、運転手への心付けや、食事代などもあります。今回はこれらについてまとめてみました。
死亡通知の出し方とタイミング
故人の死を知らせる死亡通知を出すタイミングと、マナーとは?葬儀の形によって項目を分けてまとめてみました。
通夜の前の最後の儀式「湯灌」「納棺の儀」とは?
通夜を迎える前の最後の儀式「湯灌と納棺の儀。残された家族が故人の死を受け入れる為の大切なプロセスになります。
喪服を着用する時のマナー
次は喪服についての常識編。和装・洋装それぞれのマナーの常識から、着るタイミングまでもまとめてみました。
喪主が知っておきたいQ&A
今回は、喪主に関する事で疑問に思う事をQ&A方式でまとめてみました。よくある疑問から、現代にそった悩みまでをまとめています。