通夜の前の最後の儀式

故人を送るための「湯灌」「納棺」

 

通夜の前に故人を清潔にする

 

病院で亡くなった場合、看護師さんが故人を綺麗な

 

状態にしてくれるのですが、それとは別に、通夜ま

 

でに故人とゆっくりお別れする儀式として、「湯灌」

 

「納棺の儀」を行うことが増えてきています。次に

 

「湯灌」と「納棺の儀」についてまとめてみました。

 

「湯灌」とは?

 

湯灌(ゆかん)とは、亡くなった故人を最後のお風呂に
入れてあげて清める事で、昔はたらいに水を入れて、体を
拭いてあげていましたが、現代では自宅に巡回してくれる
介護入浴車のような「湯灌車」というものも出来ました。
浴槽を室内にセットして故人の体や髪を洗い清め、ドライ
ヤーをかけ、死に装束、死に化粧をしてくれるサービスまで
でています。

 

湯灌を行わない場合は、家族や親族で、アルコール等で消毒
された洗浄綿のような布で、顔や手足など肌の出ている部分
だけを拭いて行う事が多いようです。

 

故人を安置してから葬儀まで日にちを置く場合は、納棺師と
呼ばれる人が遺体の処置や柔らかい表情づくり、死に化粧などを
施してくれ、綺麗な状態で納棺してくれる事もあります。

 

 

「納棺の儀」とは?

 

納棺の儀とは、清めた故人を綺麗な棺におさめる儀式。故人を
清める湯灌が終わったら、棺の中に故人をおさめる「納棺の儀」
に移ります。納棺する時は、故人の体を数人で抱きかかえおさ
めるのですが、葬儀社の方だけではなく、家族や親族も一緒に
行う事が一般的です。

 

棺の中におさめたら、次は故人の愛用品やお花などを故人の周り
に飾り、死出の旅へと送る準備をします。これらの儀式的な行い
は、残された遺族が故人の死を受け入れ、お別れする為の心の
準備をする時間でもあります。生前での楽しい思い出や感謝の
気持ちも思い出し、良いお別れをするためにも、家族みんなで
行う事をおすすめします。

関連ページ

臨終後の対応から葬儀までの流れ
戒名のつけかたと葬儀の日程の決め方
戒名ってどうやってつけてもらうの?いつのタイミングで?葬儀の日程っていったいいつにするべきなの?そのような疑問にお答えします。
故人の意思にそった葬儀をイメージする
故人の意思にそった葬儀を行うために、生前の故人の趣味やサークル活動などを参考にしながら、具体的な予算、プランなどを葬儀社と相談しながら決めていく事になります。葬儀の一連の流れから、必要に
遺影選びのポイント
祭壇選びが終わった後は、次は遺影選び。遺影は故人の生前を懐かしんでもらうための大切の物。今回は遺影を選ぶコツと、葬儀社で対応してもらえる豆知識をお届けします。
心に残る会葬礼状と返礼品
式場、祭壇、遺影が決まれば、次は会場礼状や香典返しについて。一般的なものから近年の形までをまとめてみました。
葬儀にかかる諸経費
葬儀自体にかかる費用に加えて、別にも細かい諸経費がかかります。その中に、運転手への心付けや、食事代などもあります。今回はこれらについてまとめてみました。
死亡通知の出し方とタイミング
故人の死を知らせる死亡通知を出すタイミングと、マナーとは?葬儀の形によって項目を分けてまとめてみました。
喪服を着用する時のマナー
次は喪服についての常識編。和装・洋装それぞれのマナーの常識から、着るタイミングまでもまとめてみました。
喪主が知っておきたいQ&A
今回は、喪主に関する事で疑問に思う事をQ&A方式でまとめてみました。よくある疑問から、現代にそった悩みまでをまとめています。