通夜における喪主の役割

通夜における喪主の役割とは?

 

近親者だけで故人を偲ぶ「通夜」

 

本来の通夜とは、亡くなった夜に僧侶や地域の総代のような方
に参列していただき、読経をし、家族や親族などの近親者だけ
で故人を偲ぶ事を指していました。
昨今では、仕事を持っている方や遠方に住まう親族など、ライフ
スタイルの変化により、昼間の告別式よりも、夜の通夜に参列し
やすい方が増えて来た為、通夜も一般の人にも開かれる様にな
ってきました。
そのため、近親者だけで読経を行う通夜を「仮通夜」。葬儀の前
日に一般の会葬者を招く「本通夜」と呼ぶようになりました。
通夜と葬儀・告別式に対する重みは、僧侶の出立を見ると分かり
ます。通夜では通常の「袈裟ーけさー」を着ていたり、時には副住
職などが務めたりする事もあるのですが、葬儀・告別式には必ず
住職がお勤めします。衣装も華やかな袈裟や帽子をかぶるなどの
正装の出立で務めますので、一目瞭然です。

 

喪主の方の心得。忘れてはならない3つの事

 

初めて喪主を務める方にとって、通夜を無事に終わらせられるかは

 

緊張と不安でいっぱいだと思います。大抵は、葬儀社の方が指示

 

してくれますので、その通りにしていれば大丈夫なのですが、次の3

 

つの事は忘れずに心にとめておいて欲しいと思います。忙しすぎて、

 

いっぱいいっぱいになる前に、信頼できる親類の方に、仕事を割り

 

ふるのも忘れないようにしましょう。

 

@ 僧侶への挨拶を忘れずに

 

僧侶は通常30分ぐらい前に会場に到着します。弔問客も到着し
始めるなど、喪主にとっては最も忙しくなる時間ですが、お務めをし
てくださる僧侶への挨拶は絶対に忘れてはいけません。親族などに
も僧侶が到着したら知らせてもらうなどをお願いして、到着時に挨
拶出来るのがベストです。
たとえ、葬儀社が依頼した僧侶であっても、2日間お世話になるの
で、故人の思い出話などを聞いていただき、式に入ってもラうように
しましょう。お布施に関しては、挨拶をした時にお布施を渡すのが
一般的です。2日間お世話になる事をお願いし、挨拶をしてお迎え
するのが礼儀でしょう。

 

A お手伝いをしてくださる方々にも挨拶を

 

親族や友人などに受付などをお願いした場合は、「本日はお世話に
なります。よろしくお願いいたします」ときちんとご本人に挨拶をしまし
ょう。通夜の後の食事を用意している場合は「食事の用意もあります
ので、終わったらお食事を召し上がってください」と伝えるのも忘れずに。

 

B 香典、芳名帳などの受け取る人を決める

 

必ず式が始まる前に誰が受け取るかを確認しましょう。「親族の者で
受け取りに来ました」と喪服を来て現れた人に渡したら、香典泥棒だ
ったという話も耳にしますので、必ず身内で話、決めましょう。

関連ページ

仏式通夜の一般的な流れ
葬儀社との交渉が終わったら、いよいよ、通夜です。ここでは仏式通夜の一般的な流れをまとめてみました。
お布施はいくら包むの?渡すタイミングは?
喪主としての心構えが出来た後は、具体的に、お布施はいくらぐらい包むべきなのか?僧侶にお渡しするタイミングは?などの疑問にお応えします。
喪主が知っておきたい通夜の進行
ここでは具体的に通夜の法要の最中の進行を細かくまとめてみました。席次の座る順番や流れを順に追って解説します。
通夜振る舞いは感謝を伝える場
通夜も無事終え、ほっとするのもつかの間、故人の死を惜しみ来てくださった方々に感謝を伝える場を作るための「通夜振る舞い」。通夜振る舞いの由来と持て成し方をまとめてみました。
通夜の後の打ち合わせで決める事
親族での食事の後は葬儀社と最後の打ち合わせに入ります。翌日の葬儀・告別式について最終打ち合わせをする事で、納得いく良い葬儀にする事が出来ます。
通夜後の打ち合わせリスト
どのような事が事前に打ち合わせしておくべきか、リストに並べてみました。