お布施はいくら包むべき?渡すタイミングは?

お布施はいくら包むべき?僧侶に渡すタイミングは?

 

お布施の施額で迷った時は?

 

お布施に含まれるのは、枕経(お寺や地域によっては別途支払う
ところもあります。)、通夜と葬儀・告別式の時の読経、還骨回向
ーかんこつえこうー初七日の読経、戒名です。僧侶はこれらによっ
て故人に供養を尽くす代わりに、遺族は自分たちの持っている物
でお返しするというのが、お布施の意味になりました。
そのような流れから、

 

お布施には定まった定価はありません。

 

そうは言っても、だいたいの目安は気になる所。一般的には、
戒名の文字によって変わってくるのですが、30万、50万、
80万、100万…と位の高い名を授かるかどうかで、値が
変わると言われています。
的確な答えが無いお布施の金額ですが、気になる場合は
お寺や葬儀社に、今の時代で1番多いとされるお布施の額
などを、参考までに聞いてみるのが得策かと思われます。

 

お布施のマナー

 

表書き  

 

御布施   神仏の恩恵に対するお礼の意で、「冥加金」と
             も呼ばれています。表書きは一般的に「御布施」
       と記し,30万円〜100万円が目安です。

 

御膳料   僧侶が通夜振る舞い、精進落としを辞退した
         場合に渡すお食事代。1食5000円が目安。

 

御車代   通夜・葬儀・告別式の2日分をお包みするのが
        一般的。遠方から出向いてくれる場合は、宿泊
        費も含めます。金額は5000円〜15000円を2回。 
        通夜の時と、葬儀の時に分けて2回お渡しします。
        喪主の車で送った場合もお支払いするのが礼儀
        です。

 

※ 金額は地域や風習によっても変わってきますので、あくまで
   参考程度に。

 

 

御布施を僧侶に渡すタイミングは?

 

一昔前には、すべての式が終わった後、お寺に支払いに行くのが
習わしでしたが、忙しい現代では、通夜の開式前に僧侶を迎い
入れ、挨拶した後にお渡しするのが一般的になってきているよう
です。葬儀社が預かって、僧侶に渡してくれる所もあるようですが
大金でもありますし、必ず喪主本人が僧侶に直接お渡しするよ
うにしましょう。
また、御布施とは別に、「御膳料」「御車代」も必要になります。
御膳料は、通夜振る舞いと、翌日の精進落としを僧侶が辞退し
た場合はこれらも必要になります。必ず、僧侶に通夜をお願いする
際に出席するかを伺うようにしましょう。辞退される場合は、
1食5000円を目安に、二回分をお包みして渡します。
また、僧侶の移動の際の交通費を「御車代」として、1日1万円
〜1万5千円が目安としますが、他県など遠方から出向いていただく
場合は、宿泊費やその他の交通費なども考慮して見あった金額
をお包みしましょう。

 

※相続税などを支払う際に、御布施の分は控除対象となります。
御布施に金額、住所等記載し終わったら、袋を広げ写真を撮って
おくと証明のための領収書代わりになりますので、必ず保管してお
きましょう。

 

 

 

関連ページ

仏式通夜の一般的な流れ
葬儀社との交渉が終わったら、いよいよ、通夜です。ここでは仏式通夜の一般的な流れをまとめてみました。
通夜における喪主の役割
通夜の意味と通夜における喪主の役割を書いていきます。通夜を行う意味付けや、喪主を請け負う上で忘れてはならない事などをまとめてみました。
喪主が知っておきたい通夜の進行
ここでは具体的に通夜の法要の最中の進行を細かくまとめてみました。席次の座る順番や流れを順に追って解説します。
通夜振る舞いは感謝を伝える場
通夜も無事終え、ほっとするのもつかの間、故人の死を惜しみ来てくださった方々に感謝を伝える場を作るための「通夜振る舞い」。通夜振る舞いの由来と持て成し方をまとめてみました。
通夜の後の打ち合わせで決める事
親族での食事の後は葬儀社と最後の打ち合わせに入ります。翌日の葬儀・告別式について最終打ち合わせをする事で、納得いく良い葬儀にする事が出来ます。
通夜後の打ち合わせリスト
どのような事が事前に打ち合わせしておくべきか、リストに並べてみました。