通夜の後の最終打ち合わせのポイント

通夜の後の最終打ち合わせのポイント

 

親族がそろっているこの時間がポイント

 

通夜振る舞いも終え、親族だけで食事をしているこの
時間が打ち合わせをする最良のタイミングだといえます。
皆が会食をしている時に葬儀社の担当者と話を詰める
と、疑問に思うこと、自身の考えと親族が願う事などを
まとめて葬儀社の方に伝え訂正したり追加したりする事
ができるので、より納得のいく葬儀を行う事が出来ます。

 

中でも大切なのが人数確認。火葬場に参加する人数、
精進落としまで参加する人数など、仕事の都合などで
予定が変わっている方も居るかもしれないので、この場
で最終確認するのが得策といえるでしょう。

 

葬儀・告別式の役割分担をする

 

もう一つ大事なのが、葬儀当日の役割分担です。喪主
は葬儀に列席している間は身動きが取れなくなるため、
火葬場までの間、位牌は喪主が持つとして、遺影や花
束などを持つ方、出棺前に霊柩車に棺を乗せる際の手
添をする方、葬儀社のマイクロバスだけでは乗れない時
に移動車両を出してくれる方、どの車両に乗るかの配車
担当の方、精進落としの際に献杯を配る担当など、会
食の席に皆がそろった状態でお願いすると、段取り良く
整うのでオススメです。

 

葬儀社への細かいお願い事の最終打ち合わせ

 

翌日の葬儀に向けて、分からない疑問に思うことや、どの
様な事をしてほしいかのお願い事なども、親族で話し合っ
た内容も含めて、お願いしておきます。

 

例えば、趣味に打ち込んだ故人の願いで音楽を流すとか
生前の作品である絵を飾るコーナーを設けて欲しいとか、
出棺の際に道具や思い入れの合ったものを棺に一緒に
収めてほしいとか、遺族や親族からのお願いごともこのタイ
ミングに話をすると良いでしょう。

 

はたまた、棺の中に供花を入れた後余ってしまった場合に
親族の人数分ぐらいに花束にしてもらったり、供物の缶詰
や果物なども人数分ぐらいにまとめてもらうとかのお願いご
とも頼んでおくと良いです。

 

また、通夜の弔問客の人数で、翌日の葬儀・告別式に
渡す返戻金や会葬礼状を追加するかどうか、葬儀社に
届いている弔電を受け取り、告別式の際に読み上げる
順番を決めたりするのも忘れずに。

 

上記の事は、すべて葬儀社の方から声はかけてくれる事
かもしれませんが、事前に頭に入れておく事で、打ち合わ
せの漏れをふせぐ事ができるので、参考までに覚えておくと
良いでしょう。

関連ページ

仏式通夜の一般的な流れ
葬儀社との交渉が終わったら、いよいよ、通夜です。ここでは仏式通夜の一般的な流れをまとめてみました。
通夜における喪主の役割
通夜の意味と通夜における喪主の役割を書いていきます。通夜を行う意味付けや、喪主を請け負う上で忘れてはならない事などをまとめてみました。
お布施はいくら包むの?渡すタイミングは?
喪主としての心構えが出来た後は、具体的に、お布施はいくらぐらい包むべきなのか?僧侶にお渡しするタイミングは?などの疑問にお応えします。
喪主が知っておきたい通夜の進行
ここでは具体的に通夜の法要の最中の進行を細かくまとめてみました。席次の座る順番や流れを順に追って解説します。
通夜振る舞いは感謝を伝える場
通夜も無事終え、ほっとするのもつかの間、故人の死を惜しみ来てくださった方々に感謝を伝える場を作るための「通夜振る舞い」。通夜振る舞いの由来と持て成し方をまとめてみました。
通夜後の打ち合わせリスト
どのような事が事前に打ち合わせしておくべきか、リストに並べてみました。