葬儀・告別式記事一覧

仏式葬儀・告別式の一般的な流れとは?通夜が無事終わったのもつかの間、翌日には葬儀・告別式火葬など、本番はこれから。遺族が後悔の無い別れが出来るようにと、喪主には様々なプレッシャーがあるかもしれません。ここでは、仏式の葬儀・告別式の一連の流れを簡単にまとめてみました。     集合      ↓      ↓  ・ 約1時間前に遺族は会場へ      ↓  ・ 葬儀社と打ち合わせの最終確認     ...

葬儀と告別式で変わる喪主の心得葬儀と告別式の違いをご存知だろうか?一般的には葬儀の中に告別式が含まれる様に認知されがちですが、実は別もの。ここでは葬儀と告別式の違いを知る事で、喪主になった場合の心持ちの違いを意識出来るようにまとめてみました。葬儀と告別式の大きな違いとは?「葬儀」とは、故人の御霊を鎮め、故人に仏弟子としての戒律を与える「受戒」と極楽浄土へ導くための「引導」をメインとした儀礼的な事を...

開式前に必要な最終打ち合わせとは一時間前に親族の集合葬儀当日は、遺族・親族、お手伝いをお願いしている方々には、約1時間前までには集まっていただくようにします。受付をお願いしている方には、前日同様あいさつをして、1時間前から受付を開始してもらいます。その後、喪主は葬儀社と「葬儀・告別式についての朝の最終打ち合わせ」を行います。前日夜に打ち合わせした内容から参加人数の変更などがある場合は伝えます。また...

葬儀・告別式の進行とは?進行は時間どおりに行われます葬儀社との最終打ち合わせも終え、いよいよ葬儀・告別式の開式です。一時間前に遺族・親族、お手伝いの方も到着し、受付も開始しました。葬列者がここからぞくぞくと訪れ始めます。約30分ぐらい前には僧侶も到着しますので、前夜と同様に本日もお世話になる旨をきちんとあいさつし、出迎えましょう。開式15分前には、遺族・親族も着席し、静かに葬儀の始まりを待ちます。...

「別れ花」と「くぎ打ちの儀」とは別れ花で故人との最後の対面葬儀・告別式を終えた後、次は遺族・親族、会葬者による「別れ花」の儀式がとり行われます。「別れ花」とは故人の棺に皆で花を手向け、今生の別れを惜しむ儀式で、火葬場へ行かない方達には、故人の現世の姿を見る最後の時になります。使用する生花は、祭壇に飾られた供花を使用する事が多いです。葬儀社が供花をお盆に用意してくれますので、そこから一輪づつ取って棺...

火葬場までの流れ火葬場に向かうまでの段取りとは?「別れ花」「くぎ打ちの儀」を終え、いよいよ火葬場へ。ここでは、故人の現世での姿との今生の別れになりますので、遺族にとっては悲しみの深い場面となります。しかし、喪主にとってはまだ行わなければならない事がまだ残っています。動揺する気持ちを強く持って、最後まで務め上げてください。喪主のあいさつがすみ、いよいよ火葬場へ向かいます。出棺はあらかじめ前に準備して...

火葬場での流れとマナー 1仮祭壇の前にて読経と焼香自宅葬の場合、遺族や親族達が葬儀場に向かっている間、祭壇の片付けや、遺骨を迎える準備などをしてもらいます。人出が少ない場合は、あらかじめお手伝いをお願いしておきます。しかし、葬儀社で行う場合は、その必要は無く、その後の「初七日の法要」、「精進む落とし」の準備をしてくれますので大丈夫です。火葬場に到着すると、まず霊柩車から棺が運ばれます。その後に、告...

火葬場でのマナーと流れ 2拾骨室で故人の骨上げを行う火葬が無事終わると、管内にアナウンスが流れ拾骨室へと移動します。遺族による遺骨の確認を終えた後、骨を骨壷におさめる「骨揚げ」という儀式にうつります。骨揚げは、2人1組になり、喪主から順に長い箸を使い、1片の骨を持ち上げ、骨壷におさめます。細かい骨は葬儀社の方が寄せ集めて骨壷に入れてくれます。遺骨がおさめられると、白木の木箱に入れられ、白い布に包ま...