「別れ花」と「くぎ打ちの儀」とは

「別れ花」と「くぎ打ちの儀」とは

 

別れ花で故人との最後の対面

 

葬儀・告別式を終えた後、次は遺族・親族、会葬者に
よる「別れ花」の儀式がとり行われます。
「別れ花」とは故人の棺に皆で花を手向け、今生の別
れを惜しむ儀式で、火葬場へ行かない方達には、故人
の現世の姿を見る最後の時になります。使用する生花は、
祭壇に飾られた供花を使用する事が多いです。葬儀社
が供花をお盆に用意してくれますので、そこから一輪づつ
取って棺に添え、故人の周りを花で飾り最後のお別れを
します。棺に一緒に入れてあげたいものがある場合は、
この時に一緒に入れてあげましょう。
遺族は故人が「あの世で困らないように…」という願いから
、メガネや入れ歯などの日常品を入れるのを希望する方
もいらっしゃるのですが、火葬場で燃やすことが出来ない
物は入れられません。
もし、どうしても入れて上げたい場合は、火葬後、骨壷に
収める事ができる場合もあるので、葬儀社に相談してみ

ましょう。結婚指輪やアクセサリーなども同様です。

 

「くぎ打ちの儀」で棺を閉じる

 

別れ花で故人に別れを告げた後は、いよいよ棺を閉め、
棺に釘を打つ「くぎ打ちの儀」を行います。宗派や地域
によって故人と血縁の濃い順番に石で2.3回づつ釘を
打つ真似をする所もあるようです。
石を使うのには様々な由来があるようですが、一般的に
は石を「三途の川の石」とみなし、故人が無事冥土へ
たどり着くようにと願いを込めるという意味があるそうです。
くぎ打ちの儀などは、地域や宗派、火葬場のある自治体
などによって異なるようですが、地域によっては、火葬前に
もう一度故人と対面出来るようにと、くぎ打ちを形だけと
し、実際は釘を打たずに火葬場へ行く事が多いそうです。

 

会葬者の前に整列する

 

棺の蓋が閉められると、出棺前の「遺族代表者(喪主)
のあいさつとなります。
進行によっては、棺を霊柩車に乗せた後になる事もあるよ
うです。
あいさつをする際は、喪主が位牌を胸に持ち、遺族が遺
影、花束を持ち、親族は会葬者の前に一列に立ちます。
遺族代表のあいさつは、ほとんどの場合喪主が行います
が、叔父や特別故人と縁が濃かった場合は、その方が
行うこともあります。また、葬儀委員長を立てる場合は、
葬儀委員長が喪主の代わりに行います。

 

 

 

関連ページ

仏式葬儀・告別式の流れ
仏式の葬儀・告別式がどのような流れで行われるかをまとめてみました。
葬儀と告別式で変わる喪主の心得
葬儀と告別式は式の内容が大きく違います。違いに伴って、喪主にとっての心得も違います。今回はその点の違いをまとめてみました。
開式前に行う最後の打ち合わせ
開式前に最終打ち合わせする事をまとめていました。直前にならないとわからない人列席者の人数や、火葬場へついていく人数など、最終打ち合わせでのすり合わせが必要なものをまとめてみました。
葬儀・告別式の進行
いよいよ葬儀が始まります。ここでは葬儀から告別式までの要点をまとめてみました。
火葬場までの流れ
「別れ花」「くぎ打ちの儀」を終え、いよいよ火葬場へ。ここでは、故人の現世での姿との今生の別れになりますので、遺族にとっては悲しみの深い場面となります。ここでは火葬場までの流れをまとめてみました。
火葬場での流れとマナー1
火葬場についた後の流れと、マナーについて2部形式でまとめてみました。まずは火葬されるまでの流れです。
火葬場でのマナーと流れ 2
火葬が無事終わりましたら、次は骨上げ。故人の骨を遺族・親族で骨壷におさめ、連れ帰ります。ここでは火葬後から帰宅するまでをまとめてみました。