還骨回向と精進落とし

還骨回向と精進落とし記事一覧

還骨回向と初七日の法要あと飾りの祭壇に遺骨をおさめる火葬場から式場に戻ると地域や宗派にもよりますが清めの儀式として体に塩をかけたり、手に塩をかけたり、おしぼりで手を拭いたりして、死の穢を清める風習があります。式場には「あと飾りの祭壇」があるので、そこに骨壷を安置します。初七日の法要はその日の内に行うその後には、「還骨回向ーかんこつえこうー」と呼ばれる遺骨を迎える法要を行います。僧侶の読経に遺族・親...

精進落としでのマナーとは?「精進落とし」でもてなす「初七日の法要」が終わると後は「精進落とし」。昔は四十九日の法要まで遺族は、魚や肉を一切断つ精進料理を食べて過ごし、忌明けの区切りに「精進落とし」を行っていました。現代ではその意味は薄れ、「葬儀でお世話になった方々への感謝」という意味で会席膳を設け、皆をもてなすものへと変わってきました。そのため、上座には僧侶、ついで世話役など、遺族・親族は末席にと...