よい葬儀社を選ぶ為のポイント

よい葬儀社を選ぶ為のポイント

 

葬儀社へ事前連絡を

 

よい葬儀を行う為には「いかによい葬儀社を選ぶか」が
重要になってきます。
事前に調査をして情報を集める事はもちろん、どこの葬儀社
なら信頼して任せられるかが重要です。
しかし、家族の死が現実になるまで情報を集めようとしないの
は、心情的には現状です。そのため、あわてて安易に決めて
しまい、「もっと○○してあげたかった」と心残りのある葬儀
になってしまうケースも少なくありません。
ですから、危篤になる以前に出来ればしてほしいのが

 

「葬儀社への事前相談」

 

以下に、葬儀社選びのチェックポイントを記述しますので、
参考にしたうえで故人の希望する葬儀の形に合うものを調査
するのをおすすめします。

 

1. 金銭面での問題

 

葬儀社で事前に相談を持ちかけた場合、見積もりを立ててもらう
事ができます。現代では、様々な家族形態が存在するため、用途
に応じて様々なプランがあります。また、場合によっては、複数
の葬儀社で見積もりを立てて比較検討する事も可能です。

 

・お寺に払う費用を除いた葬儀に必要な一式

 

  ※会場使用料,祭壇,ひつぎ,会場設営,祭壇の花,遺影,返礼品,
   香典返し費,料理(通夜ぶるまい、精進落としなど),車両代
  (マイクロバス,タクシー,霊柩車),火葬にかかる費用等

 

・会館について

 

  会館内の清掃状況,故人の安置場所,親族の控室,宿泊状況,駐車場

 

・担当者の対応

 

  こちらの希望に沿う対応,葬儀についてのアドバイスの内容,きちん
  と挨拶をするか,よく話を聞く姿勢か

 

2. 故人の望む葬儀の形に合うもの

 

生前音楽を演奏していた、ダンスが好きだった、車やバイクが好き
だった等、趣味を生きがいにされてきた方などは、それを象った葬儀
を望まれる方も多くなってきています。葬儀社によってはそれらを
叶えるプランや相談に応じてくれる所も存在します。こだわりのある
葬儀を望まれる方はそれらに応じてくれる葬儀社を選ぶ上でも事前に
問い合わせる必要があります。

 

3. 働く方たちの態度や対応も重要

 

葬儀社によっては、対応がビジネスライクでどこか冷たい印象を抱か
せる様なところもあるようで、会場の雰囲気や清潔さ、対応の良さなど
も、葬儀社によって様々です。値段だけではなく、その辺りも事前に
調査する必要があります。

 

葬儀社のタイプはこの3つ

 

葬儀社は一般的に次の3つのタイプにわかれます

 

@互助会

 

事前に会員になり、毎月一定額のお金を払えば、会員が積み立てた金額
を使い、冠婚葬祭をまかなうことが出来ます。設備が整った会館も多く
いざというときに迷わずお願い出来るのがメリット。ただし、積み立てた
金額以上に追加費用が必要にになったり、解約時に手数料として何%かを
引かれたりするので、しっかりと仕組みを理解した上で入会が必要です。

 

A一般葬儀場

 

昔ながらの町の葬儀屋から、新しい発想で葬儀サービスを手掛ける葬儀社
まで様々。出来れば、周囲の方からの口コミ情報などを集めて、親身にな
ってくれる葬儀社を見極めるのが重要になってきます。

 

B紹介制の葬儀社

 

「コープのお葬儀」や「イオンのお葬儀」なqど、企業や団体の自社ブランド
を扱う葬儀社を紹介してくれます。画一化されたプランやパッケージを勧め
られる事が多いようですが、事前に値段設定が明確なのはメリットです。

 

葬儀を行う前に準備しておきたい事

 

1.必要な資金の貯蓄

 

死亡後、本人の預貯金は凍結されるので、葬儀に必要な資金は事前に調達して
おきましょう。

 

2. 本人の本籍

 

死亡届を記入する際に必要になるので、本人の正確な本籍地は把握しておきましょう。

 

3. 葬儀の時の会葬者予想リスト

 

本人が親しくしていた人を把握しておきましょう。危篤に陥った時に連絡して
欲しい人をリストアップしておくのは大切です。

 

4. 菩提寺の電話番号

 

菩提寺がある場合は(菩提寺が無い場合は葬儀社が手配してくれます)死後すぐに
葬儀の日取りを連絡出来るように、電話番号を控えておきましょう。

 

5. 着せてあげたい死に装束

 

本人が気に入っていた服や装飾品など(火葬出来ない物は不可)思い入れのあるもの
があれば、事前に準備しておくのも大事。

 

6. 安置する場所

 

自宅葬などをする場合は、亡くなった後すぐに搬送して安置しておく場所を確保する
必要があります。